浮気で離婚を考える。

離婚後、住みやすい街があるって聞いたことはありませんか。シングルファザーにも、シングルマザーにも助かる制度のある街を離婚前から探す人は結構いるようです。女性は、25〜34歳、男性は30〜39歳での離婚率が非常に高く、また働き盛りでもあります。全ての年代において、離婚率は上昇していますが、中でも先に挙げた年代での離婚率は、かなり高い水準になっています。

夫婦双方の感情的に、「まだ今なら自分の人生やり直せる。」また「子供を抱えていても、ひとりで何とかできる。」そう考える年代なのかもしれません。
ですから、相手の浮気が元で離婚を考えなくてはならない状況になった時、離婚するのならしっかり浮気の慰謝料を取るために、興信所に浮気調査を依頼する事が多いようです。もちろん、離婚の際には浮気の慰謝料の請求だけが必要なわけではありません。
子供がいれば子供の養育費の取り決めも必要。離婚は感情ではなく、興信所を依頼し浮気の証拠をしっかりとつかんで優位な立場を取り、話し合いを進める計画をたてること。これが一番重要なのかもしれません。

離婚を考えて興信所に浮気調査を依頼。浮気調査の依頼なら、どこの興信所を選んでも同じというわけではありません。
離婚を考えているのだからこそ、しっかりとした興信所選びが必要になります。それは、興信所から出される報告書の質はもとより、興信所の取り扱ってきた今までの調査経験から、離婚の話し合いをする際、せっかく得た情報をどのように使えば、考えていた離婚条件に近い状態で、離婚することができるのかなど、アドバイスをしてくれるところがあるからです。

離婚に関わる調査を扱う興信所。プロであり、冷静な第三者だから出来るアドバイスは、かなり有効なようです。





(C)興信所と離婚の関係